・さまざまなゆきと(主に武器別)について解析、考察するページです。
 体験談などでかまわないので、訂正や追記をおねがいします。

剣タイプ

装備が良くパラメータが高くなりやすいため初心者にうってつけのタイプと言えます。
どの武器か迷っていたらとりあえず剣を選んでみるのも良いかと。
武神流をメインに戦うのなら武器性能がもっとも高い剣にするのがオススメ、能力値配分も非常にやりやすいので育てやすいのも魅力的。

  • 装備
    武器の種類が非常に多いです。また、性能が高い物も多く、退魔属性付の装備ももっとも多く存在します。
    特に後半では、草薙の剣&アルテマウェポンという最強武器を入手できるので武神流と組み合わせれば超火力を期待できる
    ラストフロアでのレア敵からドロップを狙う必要がないのは非常にラクと言えます。
    FEでは地下で新たにハースニールという最強武器の一つが追加されている。

  • スキル
    コストパフォーマンスが悪めですが安定した威力と範囲を持ち、様々な敵に効果的にダメージを与える技がそろっています。
    ただし、状態付与などの特殊効果はほとんどないのでその辺りを戦況に応じて利用できる上級者には微妙に感じるもしれません。
    逆に言うとダメージ性能は安定しているので初心者には頼りになるスキルが豊富です。
    代表的なものは遠距離を素早く攻撃できるハヤブサ斬り&音速剣・一列攻撃できる炸裂剣・全体攻撃の流星剣・後半非常に頼りになる必中で防御無視の不動明王剣などです。
    マスター技のギガブレイクは燃費は悪いですが、絶大な威力を誇ります。しかし、単体攻撃で、詠唱が長く、命中補正もなく、障壁無視などの特殊効果もありません。
    剣ゆきとの場合、単体攻撃に関しては武神流スキルの叢雲ほうが様々な面において優れているので叢雲を習得するまでの繋ぎの技と思って使いましょう。
    スキルは槍などに比べて若干劣っていると言えるが、武神流をメインに使うのならほぼ関係なく、草薙の剣&アルテマウェポンという超強力武器の性能が補ってあまりえるので総合的な火力は全タイプ中随一になる。

  • アビリティ
    マスターアビリティの二刀流は特に二刀流に憧れているわけでなければ別のアビリティをとったほうが良いです。
    片手武器が多く、盾を装備する機会が多いので防御力、攻撃力ともに上昇する盾修練は習得しておいたほうが良いです。
    使用案1 二刀流とは通常攻撃*2=技なしで倍率を増やす なので長期戦時にメディテーションと組み合わせて回復の時間稼ぎに使用。
    FEになればより上位の二刀の極意(二刀流+飛燕術)を習得でき、無敵への序曲・即殺戟といったアビリティと組み合わせることで通常戦闘や集団ボスが楽になるかも。

鈍器タイプ

火力が高そうに感じますが、剣と槍に劣っています。はっきり言って鈍器ゆきとは近接タイプゆきとの中では最弱の部類に属するため、鈍器プレイヤ−は頑張って強くしましょう。

  • 装備
    種類が少なく、属性武器がほとんどないのも運用面で辛い点となるでしょう。
    後半に進むにつれて、他のタイプに比べて武器性能(特に重量と命中)が落ちていくので苦労することになるでしょう。
    最強装備品(ミョッルニル)を取るためにはラストフロアでレア敵からドロップすることになるため、頑張りましょう。
    ただしFEではムーン神殿で破壊神の棍棒、地下でグレイトアックスを入手可能です。

  • スキル
    威力が高く、燃費の良い単体技、拡散技が多いです。
    総じて詠唱が長めなので威力の割にはダメージ効率は悪目です。
    スタニングブロウとテンプルヒットは特殊効果が非常に優れていて、一部のボスには非常に有効です。
    マスター技の烈壊怒号撃滅破は意外と使い勝手が良いです。
    退魔属性付きの技はないので装備で補いましょう。

  • アビリティ
    無双法は片手武器装備の場合、ブースト10より劣りますが習得ABPがかなり少なめです。
    両手武器装備の場合、攻撃力+25%かつ武器倍率が両手武器の時点で+25%なので非常に強力となります。
    しかし盾装備+盾修練10でも攻撃力はかなり上昇し、さらに防御面において大きく優れているため、金剛力の併用でもない限りお勧めできません。

槍タイプ

近接タイプの中では防御低め、攻撃力高めといったところ。
他の近接タイプに比べ、攻撃力によるダメージの変動量が大きいので、攻撃力重視の装備にすること。

  • 装備
    攻撃力、重量などの基本的な武器性能は剣に次ぐ程度の能力を持ちます。
    ほとんどの槍が両手武器なので片手武器に比べ武器倍率+25%となりますが、盾を装備できないため脆くなりがちです。
    この欠点は槍のマスターアビリティ「金剛力」を習得することで克服可能です。
    近接武器の中でも詠唱が短かいことや武器倍率がかかることを考慮に入れると、攻撃力や速度の数値以上の火力を持ちうることが多いです。
    ただし、剣のアルテマウェポンに並べられる武器はないので、結果的に総合的火力は剣に劣ってしまうだろう。
    最強装備品(ブリューナク、グングニル、ロンギヌス)を取るためにはラストフロアでレア敵からドロップすることになるため、頑張りましょう。
    ただしFEではカオス神殿でルナティックモリーアンを入手可能です。

  • スキル
    技性能は範囲、詠唱、燃費に優れます。特に詠唱とコストパフォーマンスに関しては他のタイプの追随を許さないほどに優れています。
    代表的な必殺技は前一列攻撃、即発、竜特攻と特典が沢山付いているドラゴンウェ−ブ。
    2マスの拡散で広域に火達磨をばら撒くムーランルージュ。
    消費MP5であるのに威力、倍率、命中がすべてが上昇し、遠レンジ攻撃ができるスピアブーメランなどです。
    また、早い段階で習得できるスキルにスイングと一文字突きがあります。
    スイングは横一列、一文字突きは後列に貫通します。これらは安定した範囲と威力を持ちながらも、消費MPが少ないため序盤から終盤まで雑魚戦闘でかなり役に立つスキルと言えます。
    マスター技の虚空閃は範囲前一列で詠唱が非常に短く、退魔属性付です。防御無視のため非常に高威力で、ほとんどの場面で武神流スキルより高ダメージが叩きだせます。虚空閃はなるべく早く習得しましょう。
    槍技には、攻撃力補正のかかるものがほとんどないという欠点が存在します。逆に、非常に高倍率なので、素の攻撃力を大切にしてください。
    固い敵に対しては攻撃補正のかかる高レベルのスピアブーメランや防御無視の虚空閃が有効です。
    スピアブーメランのスキルレベルが低い序盤で固い敵と対峙する際は足払いを使用したほうが効果的なことが多いです。ちなみに、足払いは高確率で転倒を起こすため、一部ボスに非常に有効です。
    風車(詠唱長め,反撃回数1回のみ)とハーケンディストール(詠唱15)は地雷スキルなので使用しないほうが良いでしょう。

  • アビリティ
    金剛力は両手武器を片手で装備できるようになり、装備の重量制限を受けなくなります。
    さらに、スキルの詠唱と硬直も半減されるため、武器系マスター時に習得できるアビリティの中でもトップクラスの有用性を誇ります。
    ほぼ全ての槍が両手武器のため、金剛力は必須アビリティとなるでしょう。
    しかし、スキル「虚空閃」習得のために金剛力よりもマスターの称号を優先して取ったほうが良いでしょう。

格闘タイプ

ランシアとタイプがかぶります。火力は低めですが、命中率と攻撃速度が高くなりやすいタイプです。
ステータス配分的に敏捷を高すると良いですが、爪を使う際は器用も重要です。

  • 装備
    大抵の場合、ランシアとタイプがかぶるので中盤で装備に苦労するかもしれませんが、ゲーム開始時に手に入るナックルガードはかなり魅力的です。
    拳は攻撃力こそ低いですが重量が軽く、必殺が高く、詠唱が非常に短いです。爪は拳に比べ若干攻撃力が高くなり、必殺が下がります。
    片手武器オンリーで、干渉も低いものが多いので、物理は回避率で凌ぎ、魔法防御に長けた盾で補ったり、逆に重量盾の盾修練というのもグッド。長所が殺されますが……。
    全般的に命中補正の高い武器が多いため、序盤から終盤まで命中率に悩むことは少ないです。
    武器が塔で手に入りにくいので、店での購入をしないと入手し辛いのが難点とも言えます。
    ドロップ品は魔属性付など、優秀なものが多いのですが中盤以降の基本ドロップ率が低いためやはり入手し辛いです
    13F付近のドロップで得られるステロペスは感電率が高く、風属性付で15〜18Fの敵に非常に有効です。武器性能が良いので後半の中頃までと長く使えます。
    最強装備品(ヘルズクロー、ゴッドハンド)を取るためにはラストフロアでレア敵からドロップすることになるため、頑張りましょう。

  • スキル
    序盤は拳系は燃費が悪いので爪系のほうが便利です。
    必殺技は拳系の技は威力の大きい波紋疾走、ラストバトルでとある敵に有効な光速拳などが代表的です。
    しかし、汎用性という観点でみると有用な範囲・全体攻撃がほとんど無く威力も剣や槍に比べて低いので他のタイプに劣ると思われます。
    単純な威力で言えば光速拳のスキルレベルをキリキリ上げるよりは、無呼吸連打を鍛えた方が効率良い気がします。パラの都合、腕力にたくさん振るのは勿体無い気もしますが……。
    爪系の技は拳技同様威力は劣りがちですが、状態異常攻撃が非常に多いです。これらをうまく使いこなせればボス戦が非常に楽になります。
    効果範囲もある程度カバーしており、一列攻撃の地獄爪殺法や威力、範囲、付加効果を持ちながら低消費のサラマンダーハンドなどが重宝します。
    また、序盤から終盤までほとんどのボスにスナイプスラッシュの速度半減効果が非常に有効です。
    スクリュードライバーはかなりの高倍率技ですが、剣の舞等に比べると燃費がかなり悪いです。長所はロングレンジであることくらい。命中率もあまり信頼ありません。
    傀儡爪も燃費は悪いですが、高確率麻痺が効き、重量級の雑魚敵や、魔将クラスのボスが出るまでは(特に高槻と愉快な仲間達には範囲の都合で威力絶大)ここぞという時に役立ちます。
    拳でも爪でも使用できる技に序・中盤でお世話になる自己回復の気功があります。
    また、終盤で覚えられるグランドクルスは退魔・物理の全体攻撃です。防御無視で安定した火力を持っていますが、使用するたびにLPを消費し、LPが尽きると格段に威力が低下するので注意が必要です。ただし超肉体と併用すると雑魚殲滅用特技として重宝します。
    なお、威力的な面では格闘技よりも武神流のほうが遥かに優れています。

  • アビリティ
    飛燕術は普通に考えると二刀流との併用を思いつきますが二刀流は必殺技に適用されないためあまり使えません。
    むしろ逆腕に別の武器を装備して必殺技を使うなどの運用をすべきで、使い方によっては生きてくるアビリティです。
    習得ABPに見合ったリターンがあるかと言われると困りますが・・・
    (逆腕に倍率や特打など攻撃属性があっても無意味です)
    使用案1 逆腕の装備で爪拳技の両方を使えるようにするのが使い道(爪装備で逆腕に無敵手甲がおすすめ)
    使用案2 利腕にアルテマウェポン、逆腕に使いたい技に対応する武器を装備する

弓タイプ

遠レンジタイプその1。高倍率武器のため防御力の低い敵には異常な攻撃力を発揮します。
腕力をあげても攻撃力は上昇しません。しかし装備重量限界のために腕力を上げねばなりません。
槍のマスターアビリティ「金剛力」さえあれば腕力が初期値でも問題ないですが、金剛力を取るまで最速でもABPが12200必要となります。
また、後半のとある時点で腕力≧知力ならば高野武神流を習得しますが、武神流の必殺技は如月しか使えませんので注意が必要です。
逆腕に別種の武器を装備すれば例外的に使用可能となりますが、金剛力がない限り魔軍の弓あたりしか使用できず、飛燕術がない限り攻撃力が落ちる上、弓タイプならば武神流以上に強力な退魔技を習得できるのであまりお勧めできません。
(連弩系を装備した場合は武神流の方が圧倒的に高いダメージが期待できます。ただし連弩系は素の詠唱が20程度あるため要注意です)
(金剛力を持ってるのなら攻撃力補正のかかる盾+盾修練10のほうがダメージでも防御力でも上まわります)
以上の事柄をふまえ、良く考えた上で腕力のパラメータを割り振りましょう。
ただしFEでは高野武神流が万能スキルになり弓でも普通に使用可能になりました。

  • 装備
    他のタイプと違い、武器による詠唱の長さの違いが大きいため、パラメータだけを見ないで実際に使ってみて装備する武器を選びましょう。
    また、武器倍率が高いため、ステータスの攻撃力の表示よりかなり優れたダメージが出ます。剣装備時などの攻撃力と比べる場合は注意しましょう。
    20F〜105F辺りで出現するブラッドスカーミッシャーがドロップする魔軍の弓はぜひ手に入れましょう。片手装備、短い詠唱(2程度)、人間特化とかなり優れた武器です。
    これ+盾修練で終盤あたりまで通用する火力が得られます。また、人間系ボスも多いためボス戦でもかなりの活躍が期待できます。
    金剛力をとらない場合、ラストバトルまで使用しても良いでしょう。
    金剛力を所持しているなら111F〜113F辺りで出現するヴァーチャーのドロップする光の弓が強いです。
    魔軍の弓の上位互換とも言える武器で短い詠唱(5程度)と人間特化をそのままに、光・闇耐性、物&光属性、命中率大幅強化と様々な面で優れています。
    魔軍の弓も光の弓も基本ドロップ率は1%です。
    最強装備品(マルデュークの弓)を取るためにはラストフロアでレア敵からドロップすることになるため、頑張りましょう。
    ただし退魔属性付きの弓は最終迷宮で入手可能です。

  • スキル
    範囲に優れたものが多いです。威力は微妙ですが・・・。しかし、マスタークラスの技になってくると突然技威力が跳ね上がります。
    ただし、燃費は非常に悪いので残MPに注意して戦いましょう。
    乱れ打ちはスキルLVが高くなるとダメージ減算がなくなるので非常に重宝します。
    スタ−ライトアロ−は詠唱が短くなるためほぼ即発で、使いやすい高威力な全体攻撃です。
    マスター技の神殺弓はゲーム中1、2を争う威力を誇り、退魔属性も付加されている技です。ただし、硬直が非常に長いので注意しましょう。

  • アビリティ
    ほぼ全ての弓が両手武器なので遅かれ早かれ金剛力を習得することをお勧めします。
    金剛力を習得したら盾修練10をとるのがお勧めです。防御力上昇効果はもとより、弓は武器倍率が150%なので攻撃力上昇効果の恩恵が他タイプに比べ非常に大きくなります。
    腕力を捨てた場合、高レベル方術をセットして、MP最大値を上げるというのも手です。補助魔法や全体回復魔法を使えるようにもなるので、総合戦力はかなり増大します。
      

銃タイプ

遠レンジタイプその2。銃は弱点になっている敵と耐性を持っている敵がきっぱり分かれているため、運用面に関して非常に難しいタイプの武器と言えるでしょう。
ボスに関しても上記のことが言えるため、銃が有効なボスも多く存在します。従って低レベル攻略をしている場合は非常にお世話になる武器になるといえます。
銃は拳と同じく敏捷を上げなければいけないのでステ−タス上げのポイント振りが難しいのが難点です。
また、腕力に関して弓ゆきとと同様なのでよく考えてからポイントを振ることになるでしょう。

  • 装備
    オリハルコンを入手したらSHADE2005/F型を作るといいです。攻撃力はそこそこですが、退魔属性があり基本能力はずば抜けています。
    退魔属性はないがイェニチェリ系がドロップするハギア・ソフィアもお勧めです。ただしドロップ率は低いです。
    最強装備品(メギドの火)を取るためにはラストフロアでレア敵からドロップすることになるため、頑張りましょう。

  • スキル
    致命的なのが、銃技は全て強制的な「銃撃」属性であり、装備している武器の属性が反映される「?」属性の付いている技がない事です。
    このため、退魔属性武器を装備していても銃技を使用すると退魔属性が削除されてしまいます。
    後半になるほど神霊結界を持っているボスが多くなるので非常に苦しいところです。
    これは逆腕に武器を持つ事で逆腕武器の技も使用可能(アビリティ「金剛力」前提)とすることで解決可能です。弓を装備しての神殺弓がオススメ。
    またFEでは高野武神流が万能スキルになったため退魔+銃撃属性となることができます。

  • アビリティ
    弓と同様に銃もほとんどが両手武器なので金剛力がお勧めです。
    FEでは天地襲の上位アビリティ殺戮の嵐、無敵への序曲が追加されたので通常攻撃の利便性がアップしました。

なしタイプ

魔法使い用のタイプです。干渉装備時の精神低下が半減します。
TOKでは仲間に結構な数の魔法使いタイプがおり、主力の戦士系キャラが1人減ってしまうので、魔法系ゆきとは上級者向けの選択と言えるでしょう。
知力はもちろん大切ですが才能も重要です。才能を上昇させると補助や防壁系のスキルレベルが上昇し、HPも上昇するので、知力並に重要なパラメータとなるかもしれません。
思い切ってHPを見限るのも有効です。その分を知力に割り振ることでパチュを遥かに上回る魔法攻撃力を持つことになるでしょう。
もちろんこの場合銃撃などで即死するので、常にそれを念頭に置いておく必要はあります。

  • 装備
    精神があがるロッド系はすべて非買品です。属性強化が付いているので自分にあったロッドを装備しましょう。
    そこそこ軽量で精神上昇効果の高いオリハルコンナイフも○。
    また、精神上昇効果のある盾や干渉値が低い盾などもお勧めです。
    優秀な盾が無い場合は精神上昇武器を両手に装備という手段もあります。
    防御力を気にしないのであれば、常にロッド二刀流もありです。
    最終的にはアビリティ方術の習得と同時に入手するガンバンティン、次元回廊にあるマナナーンの杖、ドロップのウィザードロッド、マーリンの杖が最強装備となるでしょう(魔法使いとしては)。

  • スキル
    はやい段階で全体攻撃を習得することができ、雑魚戦闘が非常に楽になります。
    中盤は火10の火の鳥、終盤は水風10上位のハリケーンミックスなどで殆どの雑魚敵を一掃できます。
    後半のボス戦では攻撃魔法の威力不足に悩まされ、また、補助魔法が強力になってくるため、補助魔法が主体となってきます。
    ボス戦ではラピッドストリームが有効です。早い段階で風9魔5上位を習得することをお勧めします。

  • アビリティ
    前半ではMPの低さがネックとなりがちです。早めに賢者の称号を習得しましょう。
    大魔道士の称号を習得するまでが長いので高速詠唱もあったほうがいいです。
    方術を装備したときの精神 +(30×LV)とMP +(10×LV)%の恩恵は非常に大きいです。高レベルの方術をセットすることでパチュ以上の魔法攻撃力と継戦能力が得られます。

盾タイプ

両手武器を使わないならどのタイプにもなれるタイプです。生き残り重視ならこれにしましょう。
大抵のタイプでおすすめな金剛力を前提としてこのタイプを選ぶとアビリティさえ変えればある程度武器に幅ができるので武器が選べない人にもお勧めのタイプ。
魔法系に育てる場合、なしタイプを選んでも精神が上昇するわけではないので、干渉が大きい装備をする予定が無いなら盾タイプを選択したほうが良いと思われます。

  • 装備
    重量、干渉面に優秀な盾は基本的にドロップ品です。
    店売りはこの2点に関して劣っているため、盾ゆきとだからといって無理に購入する必要はないでしょう。
    ただし、攻撃力を上げたいのなら重いほうがいいので店売りの品が良い場合もあります。

  • アビリティ
    盾修練4以上をセットすれば盾による防御力の上昇量は通常時の3倍になります。
    盾次第では、体装備の防御力が0でも通常キャラの鎧+盾以上の防御力が得られます。
    盾を選んだ場合の武器修練は序盤は剣修練か格闘修練が使いやすい。片手かつ優秀なものが終盤まで多い。
    反面他の武器は両手のものが多い。他の武器を装備したい場合、早めに金剛力を習得すること。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-03 (火) 19:47:35 (3238d)